にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

2008年12月09日

ROBODESIGNER(ロボデザイナー)のノウハウ(2)

PWM と Interrupt の両立が難しい。JRT-104 は JRT-101よりタイマ本数が増えてるので、増えたタイマを初期化して PWM とは独立したタイマ割り込みを実現出来るはずだが、まだ出来てません。初期化関連のライブラリのソースコードが入手出来て、かつ手を入れることが出来ればなんとかなりそうですが... Freescale CodeWarrior で ROBODESIGNER 用の開発環境作ってしまっても良いんですがそこまで手が回りません。このあたり、LEGO 関連を巡る状況との大きな違いを感じます。自分自身の行動の反省を含めてですが、やっぱり色々なしがらみを飛び越えてイノベーションを目指す能力が日本人には著しく欠けていると思います。既に存在するものの緻密な検証とかスペックが明確になった後の高品質なモノの実現には恐ろしく長けている民族なんですが、全くもったいない。さらにはそういった文化を後続する世代にコピーしつつあることが最も問題だと思います。
posted by モッパー at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボデザイナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24085937
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ