にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

2009年03月02日

cball センサ

埼玉ノード大会で優勝したチームGRA・CHAN!が cball センサ という聞きなれない光センサを使っていたので調べてみました。8つのフォトダイオードで180度を一気にセンシングするという、最強ファイターズが使っているフライアイセンサと同じようなものです。ただし、フライアイとは以下の点で違い、とくにデジタル出力の場合は強力そうです。


・アナログ出力での仕様

電源投入時に周りの明るさをセンシングしてレベル調整を自動的にやってくれるようです。最も明るい方向と 2 レベル(遠/近) の明るさを出力します。フィールドや時間帯で明るさが異なる場合は便利ですね。フライアイは9段階の明るさ出力が出来るものの、半固定抵抗の微妙なチューニングが必要で毎試合メンバーがハマり倒しています。でも、それゆえに微妙な明るさの違いに対する対処が出来ているとも言えますので、どちらが良いのかは微妙な感じです。
・デジタル出力での仕様
シリアルまたは I2C での接続が可能です。ロボデザイナへの接続は無理そうなので真剣には見ていませんが、各フォトダイオードの生の値が取得出来るようです。これはフライアイでは出来ません。確かにこれが出来れば、かなり高度な制御が出来ると思いますが、最強ファイターズのメンバー達にはスキル的にまだ無理かな...
話は変わりますが、私自身は別のコートで主審をやっていたため、優勝したGRA・CHAN!の戦いっぷりは残念ながら見ていないのですが、メンバー達曰く全国レベルにも通用しそうな超強力なマシンだったようです。関東ブロックサッカーの救世主となるか !!? 要注目です。
posted by モッパー at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | センサー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27324264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ