にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

2009年04月25日

ボディー加工用工具について

今年は自作ボディー作成のため、本格的な木材orプラスティック工作が必要になりそうということで、持っている工具だけで出来るかちょっとやってみました。


SANY0287.JPGまずはジグソーでダイソー6mm MDF ボードからのボディーの切り出しにチャレンジ !
N君はジグソーは初めてでしたが、恥ずかしくない程度というかちょっとガタガタというか微妙な感じの精度は出ています。N 君は小学校の図工で糸ノコを経験済みなので、ジグソーのほうが難しいだの疲れるだの言っていましたが、聞かないことに...(笑) 家が狭すぎて、しっかりした糸ノコなんて買うとママが発狂すること確実です。


SANY0281.JPG次は穴あけ加工。厚みのあるMDFのような素材を使う場合、正確に垂直の穴を開けてボルト等を通さないと、歪んだボディーになってしまいます。本当はボール盤欲しいんですが、ボール盤も糸ノコと同じくらい発狂指数高そうなので、写真のような電動ドリルガイドを購入してみました。\5,000 くらいの安物買ったら、精度や剛性が無さ過ぎて全然だめ... 最初はガイドのスベリが悪すぎて使い物にならなかったので、紙やすりで穴を広げてやる必要すらありました。もっとしっかりしたものもあるようですが、安物のボール盤と変わらないようなお値段になりそうです。Web で調べてみたら、このような手法を考え付いた人がいるようです。こっちのほうが全然良いですね。買う前に気づけば良かった...
posted by モッパー at 17:37| Comment(7) | TrackBack(0) | ボディー
この記事へのコメント
Sです。「ボディ加工用工具について」のなかで、N君の「6mmMDFボード」からの切り出し、とても大変そうですね!最近このブログを見ていなかったので、知らぬうちにこんな事がおこっていたなんておどろきです。(\^O^/)いつ、また会うか分からないけど、会った時に、どうなっているかがとても楽しみです。
Posted by S at 2009年04月26日 19:29
S 君へ
勝手に進めていてすんません。今は本当に出来るかやってみているだけなので、次に集まった時に本物の工作を皆にやってもらいます。
ジグソーでのボディー切り出し、やってみれば全然大変じゃないよ。ダイソーの \100 の MDF ボードで少し練習すればすぐに上手になります。好きな時にうちに来て工具使って実験して良いですよ。ただし、ジグソーは扱い方を間違うと怪我しますので、最初は私と一緒にやって下さい。
Posted by モッパー at 2009年04月26日 22:01
ホビーツールのお店

天馬屋 という、

プロクソン(メーカー名)のお店をご存知でしたか?

http://www.cweb-shop.com/tenmaya/index.html

うちでは、この中から最小限のものとして
1.ルーターを使った卓上ボール盤
2.糸のこ盤

の2つで全てを作っています。
安全で、確実な方法が、この価格でゲットできるとなると、「投資対効果指数」 は高い
です。
あまり、発狂指数の心配はないのでは?と思います(^^)

Posted by ろぼどりいむのオヤジ at 2009年04月27日 12:52
ろぼどりいむのオヤジさん、

モッパーです。

最近お知り合いになったあの方ですよね。コメント有難うございます。
プロクソン自体は目にしたことがありましたが、天馬屋さんは全く知りませんでした。
ルーターベースのボール盤なんてあったんですね。確かにロボカップ用途であれば必要十分な機能を備えているようです。最終的にルーター買うことになるなら、最初からルーターベースのほうが良いですね。ミニ旋盤やフライス盤も販売されているようですが、そちらも魅力的です(ロボカップというより単に興味)。
我が家には、簡単な大物日曜大工(家具とか)用途の工具しかないので、このような世界があることすら知りませんでした。
発狂指数は 費用の二乗 x 部屋の中での発塵の多さの二乗 x 大きさ x 重さ で決まるようです(笑)。
我が家は、木工はマンションのベランダでの作業が前提なので、このような木工を部屋の中に持ち込むと発狂指数が恐ろしく増大します(笑)。
ろぼどりいむのオヤジさんは「部屋の中での発塵」の問題に関してはどのようにクリアされていますか ? こんなことのために専用の集塵機買うのもなぁ...と悩んでいます。ご指導頂ければ幸いです。
Posted by モッパー at 2009年04月27日 22:13
発狂指数は、
(費用の二乗 x 部屋の中での発塵の多さの二乗 x 大きさ x 重さ)
で決まるようです。
が、ものの本によるとこれを分数の分子にして、
分母を大きくすると、全体の発狂指数は下がります。

その分母とは、先の「投資対効果指数」であり、
この道具を使って、ママに何か作ってあげると(ははのひちかし)
急に投資対効果指数が上がるわけです。

我が家は一軒家、中古住宅で直すところは各所にあります。
建築屋として、購入当時から各所きれいに改善して住んできたので
その改善をするのに、こんなにルーターは便利なんだ!!!!と、買う前に
てきとーないいわけをしてごまかす事は可能です。(実際何回かは使った)


また、発狂指数の値を小さくするのに
平方根(囲いの中)に入れる方法があります。

囲いは、透明ビニルシートカーテン
で作ります。
天井にカーテンレールをつけ、開け閉め可能な別室を作ります。
その内側は、2×2mくらい。
幅500〜600mmくらいにL字の机
(出来たら作業面は少し高いほうが良い。
小宅のは、小生の設計。大工さんの製作。)をおきます。
残ったところが1.5m真四角あれば、
かなり広いのでは?
(室内空間は、特に、この机の下と
部屋の上空を活用することがミソ。)
ロボット製作はすべて、椅子に腰掛けて、机の上で行ないます。
物を床に落としやすいので、
机の角にもの落とし防止対策を多少取り付け、
足の甲の安全のために、いつもスリッパを履きます。
カーテン内の空間は、部屋のほかの部分に対して「陰圧」にするために、
排気(換気扇)をつけ、屋外に排気できるようにします。
これで、何か煙や溶剤の臭いが出ても大丈夫です。

以上で、平方根ではなく、4乗根くらいに
発狂指数が下がりませんか?

ご感想をお待ちしております。

超・物理数学の式を使った、
ろぼどりいむ大作戦のおやじより
Posted by ろぼどりいむ大作戦のおやじ at 2009年04月28日 19:35
ろぼどりいむ大作戦のおやじさん、

母のメリットを分母に。そうですよね。家人にとってのメリットもないと受け入れられませんから。我が家も説得頑張ってみようと思います。

部屋の中で隔離された工作室すごいですね。半導体製造等のクリーンルームで実現されている「局所クリーン技術」と全く逆の「発塵環境の局所化」ですね。まさか換気扇に HEPA フィルターついていたりして(誰も分からないギャグですみません)。
Posted by モッパー at 2009年04月28日 21:15
当家では 実は、3畳程度の 納戸
(普通は物置にする部屋)
の窓側の一部をつかってやっています。
部屋の残り部分が物置になっています。

ちょうど、子供が小学校6年のとき
(4年前)に、場所を固定で造りました。

異人種の説得作業は、ロボット工作より大変です。^^)
アルカイーダから、人質取り返し交渉するほど
の「慎重な粘り」が大切です。

頑張りましょう!!
Posted by ろぼどりいむ大作戦のおやじ at 2009年04月28日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28686273
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ