にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

2009年10月11日

ダイセンオムニの固定方法

モッパーです。
 
最強ファイターズは、ダイセンオムニのネジが緩んで空転してしまい、さらにそれを何度も繰り返すとネジ山を潰してしまうという問題に悩んでいました。
 
TWIN ATTACK さんにメンバー達が教えてもらった対策方法を今日見せてもらう機会がありましたので、記録・公開しておきます。
 
左の写真で「ここ↓」と書いてある部分とモーターの軸との間がよく緩むようです。ネジ山は素材的にM3スペーサーの側が潰れることが多いようなので交換すれば修理できますが、モーターの軸のほうを潰すと致命的です。
 
このため、右の写真のようにスペーサー側に瞬間接着剤を少量注入してから締め込みます。この対策をしてから以降は全くノートラブルだそうです。
 
PA112301.JPG PA112302.JPG
posted by モッパー at 18:59| Comment(5) | TrackBack(0) | モーター・オムニ
この記事へのコメント
暁Kメンターです。

コメント遅くて申し訳ありません。
ダイセンギアの注意点をもう一つ挙げてみます。
ここを読んでいる他の方々とは意見が異なるかもしれませんが、暁Kの場合ということで…参考になればよいのですが。

暁Kの場合、ギア部とモーター部を接続しているネジも度々ゆるんでいました、ギア部を取り除くと見えるモーター(ケース)にプレートを固定しているネジです。
先にオムニを固定してしまうと、この部分へアクセスできないので、最優先でこのプレートとモーター部を固定すると良いと思います。
プレートとモーターケースとネジはオイルでベタベタなので、パーツクリーナーで油脂を取り除いてから再度組み付け、このネジは2度と外す必要が無いのでネジ止め剤 or 瞬間接着剤で固定してしまいます。
※ここの取り付け精度は神経使ってください。
※パーツクリーナーは樹脂を溶かしにくい製品が良いと思います、CRCエレクトロニッククリーナーなどがおすすめです。
※ネジ止め剤は強から弱まで種類があるので、うまく使い分けると良いと思います、2度と外さないつもりでしたら最強タイプで固定してしまい、交換などで外す部分は「ゆるみ止め」程度の弱で良いとか。
Posted by 暁Kメンター at 2009年10月13日 23:45
暁Kメンター様

モッパーです。
当方もお返事遅くなり申し訳ございません。メンバー達が既にモーター・オムニ・ボディーを組み上げており、ご指摘の点についてチェック出来ませんでした。でも、問題あるならかなり致命的な部分ですね。なるべく早くチェックできるタイミングを作らせようと思います。
Posted by モッパー at 2009年10月18日 20:25
Nです。
ギアを分解してみましたがギア部とモーターを接続しているネジはゆるんでいませんでした。
また、瞬間接着剤だけでは、まだ空転することがわかりました。タイヤに割りピンにあうみぞをカッターで掘ると空転しなくなりました。
また、金属スペーサーには向きがあります。向きをまちがえると、ネジ山がつぶれて二度と使えなくなるので、気をつけたほうがいいです。
Posted by N at 2009年11月22日 18:05
現在の結論としては、瞬間接着剤もミゾも必要なく、一番外側のプラスネジのワッシャーをさらに大型のものをもう一枚増やすだけで全く OK とのことです。
Posted by モッパー at 2010年03月06日 21:47
UNION12の父です

ノード大会でこの件で痛い目を見たようです。
モータの出力UPにともない、ねじゆるみ発生。
そういえば、メカニック担当の1号が試合中走っているのを見たような気がします。

ワッシャーの件は、メンバーに伝えさせてもらいます。

Posted by union12の父 at 2010年03月07日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32840615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ