にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

2009年12月24日

ロボカップジュニアサッカー 2010 国際ルール

モッパーです。

終にロボカップジュニアサッカー 2010 国際ルールが RCJ 国際公式サイトに公表されました。(DiffBrowser 君、有難う!!!)
http://rcj.robocup.org/soccer.html

赤字が 2009 と異なる部分のようなので赤字だけザッと読みましたが、以下のあたりが違いの大きいところでしょうか ?

Minor parts are irrelevant as long as robots are not affected. The supposed affected team has the burdon of proof
that is affected.

うーん。要は PSD のような他のロボットに干渉する可能性のある機構のことを書いたと思われますが、すごく曖昧。そもそも burdon は burden の typo だと思われます。

Robots are not allowed to use any kind of communication during gameplay. Communication between the two
robots via bluetooth class 2 or class 3 (range approximatelly 20 meters) is allowed. Teams are responsible for
their communication. The availability of frequencies cannot be guaranteed.

bluetooth での通信を認めています。

2.6 Handle All robots must have a stable handle to hold and to lift them. The handle must be easily accessible, for example on top of the robot. The dimensions of the handle may exceed the 22 cm hight limitation. The handle must not be used to mount components of the robot.

なんじゃこりゃ。ロボットを持ち上げるための機構が必須。22cm の高さを超えても良い。審判の保身のためか ???

4.2 Fielding ball For SOCCER A, an un-pulsed ball will be used. For SOCCER B, a pulsed ball will be used.

ボールについてはサッカーA はノンパルス、サッカーB はパルス。

2010 Soccer will consist of two sub-leagues. These sub-leagues are called “Open League” and “Light Weight League”. They differ only in the weight of the robots.

1.5kg までのライトウェイトリーグと2.5kgまでのオープンリーグが開催されます。
A と B との関連については読み取れませんでした。プライマリ/セカンダリの違いも書かれていないように思います。

とりあえず速報ですので間違っている部分もあるかも知れません。今後じっくり読んでみたいと思います。他のサイトでもこれから色々と論議されるでしょうから期待しています。
posted by モッパー at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア
この記事へのコメント
モッパー様

プライマリは、ボールはパルスでない。
これ知ってれば、幾分かいらぬ苦労をしなくて済んだのに・・・
(メンターとして調べるのは楽しかったですが、unionたちに説明するのが大変だったです・・・まいっか)

ライトウェイト??? 区分が4つになるのかと思えてしまいますが、ノードレベルではそこまでできない(台数が少なくて)のでは・・・

日本としての対応が早く知りたいですね。(当然、準拠でしょうが)

これから、技術委員の方たちが整理してくれる(他力本願?)でしょうから、注意していかないといけませんね。メンター目線で。

情報提供これからもお願いします。
Posted by union12の父 at 2009年12月25日 12:28
他のサイトでも議論が始まっています。
後から読んだ方が間違った認識をしないよう、訂正・追加しておきます。

・赤字の Minor parts...affected. の前の文で赤外線の放射禁止と黒字で書かれていますが、これは黒字にも関わらず追加された条件とのこと。つまり、PSD センサは間違いなく禁止です。また、大して動作に影響のないパーツは無視して良い(使って良い)。影響を受けたと思うチームはそれを立証する責任がある。
・プライマリ/セカンダリは廃止。

Posted by モッパー at 2009年12月26日 18:17
ジュニアのルールで一番重要なのは、赤字で変更された部分ではなくて
削除された部分を把握しておくことです(苦笑)

赤字は追加ではありますが、今までのルールに追加ではなく、削除部分ありの追加ですからね(^^;;結構「あれ?去年までは駄目だったのに、今年はいいの?」みたいな部分が出てきます・・・。(←これが結構厄介だったりすることもありますので)

Posted by ぽよこま at 2009年12月27日 21:22
2010国際ルールの解析については、このサイトの右側にリンクがある Project HANEW 様のサイトにて、かなり深く行ってらっしゃいますので、ご紹介しておきます。(他力本願ですみません)


ぽよこま様

ご忠言ありがとうございます。知りませんでした。
ルール作る側のちょっとした配慮で防げる問題なのに口悔しいですね。
Posted by モッパー at 2009年12月27日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34374327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ