にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

2011年02月04日

家族会議

モッパーです。Nが突然 RCJ 参加意思を固めたため、今更ながら
エントリーのスタイルに関してすごく悩んでます。

明日が埼玉ノードのエントリー最終日のため、本当にエントリーするのか
家族会議しました。
N(息子) のパートナーが見つからないままこんな時期を迎えてしまいま
したので、エントリーするには H(娘) をパートナーにするしかありません。
H(娘)はロボット作成にはあまり興味が有りませんが、ロボットの調整や
プレゼンシートには意欲を燃やして頑張っています。
そんなHに「ロボット作成に加担していないから、お前ダメだろ」とは当然
のごとく言えず...N はパートナーを見つけるべく色々な人に声をかけて
きたようですが、結局は見つからず....
家族会議の結論としては、埼玉ノード大会はHをメンバーとしてエントリー
して、もし幸運にも関東に選出されれば、N がもっと本気でパートナー
を探すということになりました。こんなに悩んだことは RCJ に関わって
初めてです。。。

メンターとしてはこの判断が正しいという自信もなく、非常に歯がゆい
状況です。どうすりゃ良いんでしょうね。

posted by モッパー at 21:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 埼京ファイターズ 2011
この記事へのコメント
まぁ、暢気な感想になりますが
きょうだいがいる
それも、幸運なことではないでしょうか。
その幸運を生かして欲しいと思いますよ(^^
Posted by ぽよこま at 2011年02月05日 00:13
モッパー様

union12の父です

取り組み方にはいろいろあると思います
ひとつのことを継続していくことの大切さ難しさは、それをすることによってしかわかりません。

せっかく、参加できる環境があるなら参加でいいのでは?

地域によっていは、1人参加もありましたが、RCJがロボット技術向上だけの場で無いとうたっているのですから、チーム員の担当がプレゼン担当だったり、交渉担当でいいのでは?

ちなみに、union1号的にもっと向上してほしいのは、交渉能力とプレゼン能力です。ロボット技術はほっといても向上すると思っていますから
(^^)
Posted by union12の父 at 2011年02月05日 08:22
モッパーさん、こんにちは。

GRA父です。

いや〜よかったです。

失礼ながらですが、年齢は、さておいておいて、まるっきり当方チームと同スタイルみたいですね。

当方のNは少しはやっていますが、ロボットがとりあえず形になったら、全く手を出さなくなるし、プログラムは一切、担当外!!と決め込んでいるものですから。

彼女のRCJ参加目的は”プレゼン”だけですが、競技に出場する以上、しょうがないのでキャプテンをやっているみたいな感じです(笑)
Posted by GRA父 at 2011年02月05日 22:12
皆様、コメントありがとうございます。

とりあえず、埼玉ノード大会にエントリーしてしまいました。
関東ブロックの参加規程にて「一連の競技会の途中でチームメンバーの変更(削除、変更、追加)はできません。」と明記されていますし、勝ち上がったとしても今期は同じメンバーのまま行くしかないようです。
Posted by モッパー at 2011年02月06日 11:20
ちなみに僕は小中学生のころからロボカップジュニアに出ていますが、いろんなパートナーと組み毎年違ったパートナーでしたね。ず〜っとロボカップジュニアやる人には出会わなかったわけです。ちなみに2010年まで全国に出場したことはありません。
昔のことは全然覚えてないんですが最近のことは覚えているので書きます。
(2009年度は少し悲しいですが、2010年度まで読んでくださいね)

2009年度ではパートナーが見つからず、大阪ノードで出場したらパートナーを委員会の方々が紹介してくれるということで大阪ノードで出場(僕は京都市在住)。大阪ノード当日にパートナーと初対面。3人チームだったが、1人事故によるケガで急遽欠場。僕達のチームは関西ブロックへの出場権を獲得したが、もう一人が関西ブロックは行かないと言いだした。その人は大阪ノードは親御さんに言われて出場したらしい。というわけで、僕1人で関西ブロック出場。ロボットが1台ということで、特別に他のチームのロボットを1台貸していただけることになった(大阪のI先生に感謝)。しかし、関西ブロック敗退。

2010年度。2月10日に行われた京都教育大学附属高校の入試直後、暇になったので、2月末の京都ノードに出場することを決意。もちろん1人チーム。キャプテン僕。メンバー僕。
京都ノードに出場すると、京都教育大学附属高校電子工学部の先輩方がいた。
自分"えっ、京教附属の先輩なんですか?もうすぐ入学します!"
先輩"そ〜なんや。よろしく!"
みたいな感じで知り合った。
僕はそのころオムニホイールではなく、2輪のTJ3とRCX(レゴ)だった。先輩方のオムニホイールロボットに憧れる。

その後、京滋奈ブロックで
e^Πi+1…優勝(先輩方)
ハチドリ2号…準優勝(自分)
このような結果になり、自分は全国には行けなくなった。

ここから、大学入学する先輩が、入学準備とかで忙しいということで、春休みにチームメンバーに入れさせてもらえて、その先輩のロボットを作らせていただけることになり、全国・世界へ行き、今に至るわけであります。

人との出会いってホントに不思議なものだな〜ということを伝えたかったんです!

今では電子工学部は高2はいなくて、高1が9人で活動しています(自分含む)。
まさか、電子工学部にロボットが好きな先輩(今高3)がいるなんて知りませんでしたし、僕が入学する前に学校説明会で電子工学部について質問しても、なにしているのかよく分からない状況でした。

人との出会いってホントに不思議です!
2010年度はいろ〜んな人に出会いました。

今ではみんなでワイワイ活動しています。
Posted by ZERO at 2011年02月06日 20:19
ZERO 様

人との出会い大切ですね。特に RCJ は幅広い年齢層の方と出会えることが楽しいです。また、web で会話した方々とはお会いしても初対面とは思えないように会話が成り立つので不思議です。

私は京滋奈地域で高校まで過ごしたので、京滋奈のチームの方々の学校名を見ると懐かしくてしょうがありません。当時、学校の友達とマイクロマウスやマイクロキャット作ろうとしたこともあります(資金が無く断念)。なので、ついつい茶々入れたくなりますが、許して下さいね。

当方のチームがジャパン出来れるか分かりませんが、もし出場出来れば当方のメンバー含めてお会い出来れば良いですね !
Posted by モッパー at 2011年02月07日 21:46
確かにここ15年しか生きていないですが、現代は本当にチャンスがたくさんあり、機材・情報がたくさんあり、本当に恵まれていると思います。
だからこそこれらのチャンスを活かすのが僕達の使命かななんて思ったりします。

最近は、おもしろいのと予算削減のために、ほとんど自作するようになりました。
自作は大変ですが原理がかなり分かって、かつ、かなりおもしろいです。

またブログにコメントをよろしくお願いします最近書いたFETのゲート電流ノイズに関する主張はまだだれにも何とも言われないので、反論等々コメントして頂けると幸いです。
ダイセン電子工業も見過ごしているノイズ発生原因の意外な盲点だと思うのですが‥ダイセン電子工業のモータードライブ回路ではFETのゲートに抵抗がついておらず、ゲート充電電流が考えていない回路であり、僕には信じられません。ノイズ発生装置みたいなものだと思います。

僕は京都ノード今月27日なのに、ロボットはありませんが(汗)、ま、全国行けるようお互い頑張りましょう!!
Posted by ZERO at 2011年02月07日 22:52
ZERO 様

メンバー達がロボットの作成を開始してしまったので、モータードライバ等の部材は私は一切使えなくなっています。申し訳ありませんが、チームが敗退するまで有効なコメントは出来ないと思います。そもそも、電子回路については私よりずっと見識をお持ちだと思うので、こちらが参考にさせて頂く立場だと思います。
チームが敗退してから、頑張って(チームではなく私個人として)議論できるよう理論武装と検証環境構築したいと思いますので、よろしくお願いします。
Posted by モッパー at 2011年02月08日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43236355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ