にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

2010年03月31日

関東ブロック大会についてその2

モッパーです。

その1 でその 2 以降はポジティブ宣言をしておきながら、もう一度だけネガティブです。

GRA・CHAN ! さんのブログの関東ブロック改善提案3つに対する追加なのでそちらのコメントにすべき内容かも知れませんが、私として責任を持って発言したいので、当方のブログに書きます。

まず、GRA 父さんの改善提案は当日お話していた内容なので、私も書こうかどうかと迷っていましたが小心者なので当方のブログに書いたフィールドの不具合だけに留めてしまいました。GRA 父さんの勇気を大変賞賛します。GRA 父さんの3つの提案には全面的に賛成なので一票を投じさせて下さい。

GRA 父さんの 3 つの提案に加えてさらにもう一つ、以下の提案を加えます。

サッカー会場のギャラリースペースの狭さは改善の余地が大きいです。特に幼いお子様のいらっしゃる家庭はとても苦労されたことと思います。会場の外に立てかけられたベビーカーと幼い子供を抱っこしながら辛そうに観戦する保護者の方、さらにはギャラリースペースでガンガン人が通る場所で寝込んでしまって毛布を掛けられているお子様、今でも思い出すと痛ーーーーくなります。当方は上の子のロボット観戦に下の子が乳飲み子の頃行っていた時期があるので、そのような家庭に対する配慮に特に敏感になってしまいます。

ああ、そう言えばお杖ついて人にぶつかりながら行き来していたご高齢の方もいらっしゃいましたね。ご老体に鞭打って孫の試合に見に来られてもあれじゃあほとんど見れません。そのような社会的弱者の方に対する配慮を行ってこそのロボカップじゃないかと思います。

私も GRA 父さんと同様に埼玉ノード運営委員で関東ブロックは単にメンター+埼玉ノード参加チームの記録係という立場なので、今後ブロック大会運営が改善されることをゴールとして、色々な立場の方のフィードバックを入れて是非とも良くしていくべく提案したいというのが、この記事の趣旨です。尚、お前そんなこと個人的なブログに書いてどうすんの、きちんとメンターとしてブロックに言うべきでしょという反論も予想していますが、この内容は別途きちんとブロックにエスカレーションさせて頂く予定です。

posted by モッパー at 21:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年03月30日

関東ブロック大会についてその1

モッパーです。

関東ブロック大会の所感その1です。メンターとしてショックから立ち直り、やっと冷静に書けるようになりました。(笑)

まず書いておかないといけないのは、サッカーフィールドがあまりにローカルな仕様であったことです。まず、ゴール床がグレースケールであること。最強ファイターズは画像処理してませんので関係ありませんが。次にクロスバーがゴールの上に乗っているのではなく、ゴールの上面から垂れ下がっていたこと。日本語訳では「ゴールの上部には、(ロボットがゴール内に入るのを防ぐための)クロスバーがある」と書かれていますが、原文では「It has a cross-bar on top (to prevent robots from entering the goal)」.となっており、図を見ても絶対ゴールの上に乗っている構造が正しいはずです。この違いが最強ファイターズの悪夢の始まりでした。

最強ファイターズのロボットは最上部の基板をクロスバーに当てることによりゴールへの入り込みを防いでいたので、高さを圧縮しないとセンサー類がクロスバーに当たって破損してしまいます。メンバー達はそのことに気付いて、慌てて対処しましたが三層ある基板間が干渉する部分も多かったようで大変苦労していました。多分、最後に車検を通したチームだったろうと思います。当然十分な調整が出来ずに初戦開始に...

今回関東ブロックのパドックは観戦者から丸見えの場所でした。丸見えであるが故にスタッフ以外が絶対入ろうとは思わない配置になっており、最初は良いアイデアだと思いましたが、メンバー達の苦しむ姿を見続けるのはあまりに辛かったです。やっぱり忙しくスタッフやってたほうが気が楽です。

帰ってからロボット見ましたが、「こんなとこ変えるか???」というところまで手を出しており、驚きました。ただし、それが不調の原因かは今後メンバー達が調査すべきことなので良く分かりません。

すみません、これ以上書くと愚痴にしかなりませんし、あれだけ苦しんで急遽ロボット作り変えたのはメンバー達にとって良い経験になっただろうと理解して、次回以降は他のチームのポジティブインプレッションに移りたいと思います !!!
posted by モッパー at 21:43| Comment(5) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年03月28日

関東ブロック大会の結果

モッパーです。
埼玉ノード参加チームについての関東ブロックの結果が埼玉ノード公式サイトにアップされています。
最強ファイターズはサッカープライマリ 3 位でした。準決勝で昨年関東2位の B&B に敗退し、決勝戦は GRA・CHAN ! と B&B となったため、GRA・CHAN ! との直接対決は出来ませんでした...
メンバーに聞くと、決勝トーナメントから電源周りのトラブルが続出し、どんどんダメになって行ったとのこと。皆かなり憔悴していたので、メンバー達にとっては良い経験になったんだろうと思います。
尚、ジャパン選抜のため、もし出場するならライトかオープンか聞かれたそうですが、「今は分からない」と答えたらどちらか選ばないとダメと言われたので、ライトを選択したそうです。まだジャパン出場は決まったわけではないですが、GRA・CHAN ! との直接対決は今期はもうなしですね。というか今日の出来を見ていると絶対負け確実という感じでしたけど。
審判やっていてチームの結果が後追いで分かるより、メンターとして試合を見ているほうが精神的にはずっと疲れることに気がつきました。他にも色々書きたいことありますが、今日は速報まで。
posted by モッパー at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年03月23日

今週末はつくばに行こう!!!

モッパーです。

今週末 3/28(日)は関東ブロック大会ですが、大会に選出されなかったチームも出来ることなら是非観戦に行かれることをお勧めします。当方も始めて関東ブロック大会に出たときはレベルの高さに衝撃を受けましたし、ジャパンに出た時はもっとです。レベルを上げたいなら上位の大会を見ることが一番です。

と偉そうなことを書いておいて何ですが、書きたいことは実は GRA・CHAN !さんのブログで筑波学院大のとても可愛いラジオ体操ロボについて書かれていて、単にそれに触発されてそうだ書いとかなきゃと思い出した、つくばのロボット情報です(笑)。

つくばエリアは無料や廉価の科学館が多く一日では回りきれないほどあります。関東ブロック大会に来られる方は時間があるなら見学されることをお勧めします。

興味深いロボットの展示も複数ありますが、私が好きなのは産総研サイエンススクェアのHRP-2mとつくばエキスポセンターのテクノ筑丸君です。

産総研の HRP-2m はデモが終わると毎回扇風機で強制冷却される姿に妙な悲哀を感じて何度もデモを見たくなります(笑)。他にも見る側に媚を売るつもりが全く売っていない(笑)展示が多く、小学生に説明するどころか自分が理解するのに精一杯の内容でお勧めです(説明になってないですね) 。

エキスポセンターはエンターテーメント指向です。テクノ筑丸君は昔流行った人工無脳(年がバレます)の高機能版ですが、かなり音声認識の精度が高く辞書も良く出来ています。禁則語句に対しては「そんな悪いこというといけないんだよー」とたしなめてくれるので、どこまで許してもらえるか色々試していたら周りに人がたかって超赤面な事態に... さらに「今日は何しに来たの ?」と聞かれてとりあえず「パチンコだよ」と答えたら辞書にないらしく、「パチンコって何するの?」と聞くので「お金を儲けるためやるんだよ」と答えたら、「お金が儲かるんだすごいね。頑張ってね。」とか励まされて爆笑の嵐に...良家のご子息やご両親はマネされないようにお願いします(笑)。

産総研はバスか車でないと行けませんが、エキスポセンターは筑波学院大から歩ける距離(多分)なので、観戦の方々は大会当日でも見に行けるのではないかと思います。

posted by モッパー at 22:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年03月20日

埼玉ノード大会の動画が公開されました

モッパーです。

埼玉ノード大会の動画が YouTube と USTREAM にアップされました。
埼玉ノード公式サイトにてリンクが公開されています。
posted by モッパー at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年03月04日

関東ブロック出場者と大会記録の公開

モッパーです。
 
埼玉ノード公式サイトに関東ブロック出場者2日目の画像記録が公開されました。
 
プライマリサッカー以外についても、インプレッションを書いておきます。
 
・サッカーセカンダリ
 旧 TWIN ATTACK のフォーワードにキーパーを加えたIPRIS さんの
 活躍が素晴らしかったです。試合毎に果敢にマシンの制御をアップグレードし、
 強くなる様(もちろん、失敗もあったんでしょうが)が素晴らしかった。あれだけ
 いじくり倒しながらトップ取るなんて普通はできません。
 
・レスキュープライマリ
 ズンズンズさんが過去数年間の「キングオブサイタマ」の技術の集大成を
 プライマリ最後の年にぶつけてきました。当然、ブッチギリの高得点
 で 1 位 !!! 多分、視野には関東やジャパンというレベルではない範囲
 が入っているのではないかと思います。とにかくスゴイ!!!
 
・ダンスプライマリ
 2チーム出場しましたが、ともに今までのダンスには無かった印象を受ける
 素晴らしい演技でした。
 フレイムダンサーズは終始重く暗い音楽と「羽」と「火」に拘った芸術性が
 高い演技でした。勝手に例えると真央ちゃんの「鐘」のようにあえて難しい
 演技にトライした感じで素晴らしかったです。
 ザ・トランプは... これは私のようなオヤジが安易に評価してはいけない
 全くブッちぎった表現の演技です。自作のゲーム的アキバ的(誤解を
 恐れずに言うと)動画の表示から始まり、人間の肉体を使った演技と
 ロボットとの融合に移っていくという、「絶対ダンスでこれまではこんなの
 はない」発想のものです。私は個人的に絶賛です。村上隆の活躍とか
 「オタク」文化の輸出とか、やっとそれらが RCJ ダンスに持ちこめたの
 のではないかと思います。解説してもらわないと意味が分からない部分
 が多いので、もっとブラッシュアップして世界に出て欲しいです。
 
posted by モッパー at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年02月28日

埼玉ノード大会終了 !

モッパーです。
 
埼玉ノード大会が終了しました。結果はこちらにて公開されています。
 
またも GRA・CHAN! に破れました... 点数だけを見れば勝ち点同点で
得失点差 47 と 46 の僅差ですが、負けは負けです。
GRA・CHAN! はさらにプレゼン賞と、メンバー全員の投票で行われた
ナイスロボット賞も受賞していますので、総合的には完敗です。
メンバー達はかなり悔しい思いを感じたようなので、関東ブロック大会で
雪辱を晴らしてもらいたいと思います。
 
いくつかの試合を見ていて個人的に強く感じたのは第三位の
YES! WE CAN ハートフルさんの貢献です。昨年はジャパンに出場
しています。2日目は1日目に比べて、努力の成果かかなり強くなって
いましたし、「見ていて感動できる良い試合」をいくつも展開していました。
最強ファイターズは同じリーグだったので対戦しましたが、試合には
他のチームが応援のため多数押し寄せて「ハートフル黒ハート」の連呼が
始まったシーンもあり、「最強ファイターズにとってこの場は既にアウェイ
なんだ」と初めて認識しました。
 
他のチームについても書きたいことは一杯あります。ボロボロ泣きながら
車検を必死の思いで通したチームもありましたし、こけて落としてバラバラ
になったロボットをなんとか直して試合に臨んだチームもあります。
 
ともかく、どのチームにとっても大いなる学習の場になったことは確実では
ないかと勝手に感じて、うれしく思っています。
posted by モッパー at 22:55| Comment(3) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年02月27日

埼玉ノード大会1日目終了

モッパーです。

埼玉ノード大会1日目の結果が公式サイトにて公開されました。
最強ファイターズは万年二位の地位を確立(? 笑)しつつあるようですが、
今話を聞いたら今日のミスの全ては人災による問題のようです。
明日は頑張ると言っているので期待したいと思います。
posted by モッパー at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年02月26日

埼玉ノード大会の表彰について

モッパーです。
 
埼玉ノード公式サイト今回更新されたノード大会の要項を見ると、表彰の種別の多様さに驚きます。
半分近くのチームが表彰されるんじゃないかという勢いです。個人メンターとしてはこのように多角的な表彰が行われることについてはとても評価します。チームのモチベーションアップにも繋がりますしね。
posted by モッパー at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年02月20日

埼玉ノード大会の実施要項更新について

モッパーです。
 
埼玉ノード公式ブログにて埼玉ノード大会の実施要項の更新が公開されました。
特に、2/27(土), 2/28(日)のチャレンジ割り振りの詳細や各日のスケジュールについて
更新されていますので、注意して下さいね。
posted by モッパー at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年02月19日

ロボカップジュニアジャパンオープン2010のルール

モッパーです。
 
ロボカップジュニアジャパン公式サイトにてロボカップジュニアジャパンオープン2010のルールが公開されました。
サッカーはほぼ2010国際ルールと同等のようです。Light(1.5Kg)とOpen(2.5Kg)の違いもそのままですが、プライマリとセカンダリとのマッピングは不明です。
これからブロック大会の対応が協議されるんでしょうが、どうやって選別するんでしょうね ?
サッカー以外の内容は全く見てません(見ても私は分かりません)。サッカーも詳しく読み込んだわけではないので、今日はとりあえず速報まで。
 
 
posted by モッパー at 21:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年02月14日

埼玉ノードの参加チーム

モッパーです。
 
埼玉ノード公式サイトに埼玉ノード大会のエントリーチームリストが公表されました。
エントリーしたチームのメンターとメンバーは、自分達のチームがこのリストに入っているかしっかりチェックしましょう。
 
最近、埼玉ノードでは何故か「最強xxx」というチーム名が流行っており、今回も2チームほどエントリーされたようですが、個人的に今回最もウケたのは「最弱男子」さんです。こういう自虐系は個人的に大好きです。チーム名を見渡してメンバー達が何を考えたのか考えるだけでもとても楽しいですね。
 
posted by モッパー at 23:38| Comment(3) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年02月13日

ゴールの床

モッパーです。
 
今日はユニバーサル基板と格闘中のメンバー達を横目で見ながら、こんなもの作ってました。
P2133234.JPG
 
バージョンAのゴールの床です。自宅フィールド用ではなくノード大会用です。
前回の練習競技会はカッティングシートを敷く作戦でしたが、カーペット上だとシートが浮き上がってしまい問題あったので何らかのシートに貼り付けて安定させようということになりました。色々探してみると、PPシートや塩ビシートと呼ばれているものが良さそうですが、DIY 店では 0.75mm以上の分厚いものしかなく、結構高い(900x600 で \1,800 とか)です。
たまたま立ち寄った閉店セールで投売り状態のユザワヤ吉祥寺店で 0.5mm の青と黄色を見つけた時には超感激しました。しかも 90%off で 900x600 が一枚\153。何枚も買い占めてストックしておいて、今はカッティングシート貼りのゴール壁やクロスバーまでいつかこいつに変えてしまおうかと思いましたが、黄色が一枚しか在庫がなく、ゴール床用途限定で1枚づつ購入。
既に貼ってあるカッティングシートと色合いが若干違うので、さらにカッティングシートを貼る必要があり結局色にはあまり意味は無かったような...
0.5mm 未満だとカッティングシートの巻き癖に負けそうなので 0.5mm が最良の選択と判断しましたが、ゴール前に微妙な段差が出来てしまいますので、設置の方法によってはボールにとって障害になりそうです。
何か良い方法ないだろうか....
posted by モッパー at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

埼玉ノードの参加者チーム数

モッパーです。
 
埼玉ノードのエントリーが締め切られ参加チーム数が発表されています。
なんと、全部で 43 チーム、80 名 !!!
サッカープライマリは 26 チーム。ジャパンに出るレベルのチームが複数いますし、練習競技会を見ていてもかなりの激戦となることが予想されます。
今年はノードを勝ち上がるための壁が高そうです。
 
posted by モッパー at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年01月17日

2010 シンガポールでのクラス分け

モッパーです。
2010 シンガポールでの RCJ  サッカーのクラス分けについてこちらのサイトにアップされました。
これを受けてジャパンがどう判断するのかわかりませんが、2009年ルールの大会からの選抜ルールや選抜枠の設定はかなり混乱しそうですね。

  1. ライトウェイトリーグ バージョンA (原文:Soccer A)プライマリ
  • 直径 22cm
  • 高さ 22 cm
  • 重さ 1.5 Kg
  • ボール捕捉エリア 3 cm
  1.  
    1. ライトウェイトリーグ バージョンA (原文:Soccer A) セカンダリ
    • 直径 22cm
    • 高さ 22 cm
    • 重さ 1.5 Kg
    • ボール捕捉エリア 3 cm
  2. オープンリーグバージョンA (原文:Soccer A) 
  • 直径 22cm
  • 高さ 22 cm
  • 重さ 2.5 Kg
  • ボール捕捉エリア 3 cm
  1. オープンリーグバージョンB (原文:Soccer B) 
      • 直径 22cm
      • 高さ 22 cm
      • 重さ 2.5 Kg
      • ボール捕捉エリア 3 cm
posted by モッパー at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2010年01月04日

埼玉の新たなる試み

モッパーです。

ちょっと普通では有りえない講習会の予定を目にしてしまいましたので速報です。
2010年1月10日(日)10:00〜15:00 に 埼玉ノード大会の切符(\2000)込みで \3500 のロボカップジュニアサッカー講習会が開催されます。機材とソフトは埼玉ノード大会終了まで貸与 !!! 最大 8 名までの限定とのことですのでお急ぎ下さい。
この条件は普通有りえませーん。父母から見ても絶対お買い得です。
参加資格は2010年7月1日時点で19歳以下で、第16期ロボットと未来研究会に参加していないこととのことです。詳細は以下のサイトをご覧の上、お申し込み下さい。
posted by モッパー at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2009年12月26日

完成しすぎのキット

モッパーです。

こんなものあるとは知りませんでした。特にサッカーロボットは出来すぎです。
アジアの某国(日本ではありません)の出来すぎキットに近いですね。
コンパスセンサーが無いのが不思議です。
サッカーロボ向けコントローラボードは良い感じです。こういうのを国内メーカーに販売して欲しいです。
オムニはダイセンと同じで、モーターはダイセンより強力そうです。
ボールセンサーの画像、わざとボカしてありますね。何か秘密が...

http://www.qfix.de/qfix-catalog-en.pdf
http://qfix-shop.de/cgi/websale6.cgi?shopid=qfixshop&subshopid=Englisch

posted by モッパー at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2009年12月24日

ロボカップジュニアサッカー 2010 国際ルール

モッパーです。

終にロボカップジュニアサッカー 2010 国際ルールが RCJ 国際公式サイトに公表されました。(DiffBrowser 君、有難う!!!)
http://rcj.robocup.org/soccer.html

赤字が 2009 と異なる部分のようなので赤字だけザッと読みましたが、以下のあたりが違いの大きいところでしょうか ?

Minor parts are irrelevant as long as robots are not affected. The supposed affected team has the burdon of proof
that is affected.

うーん。要は PSD のような他のロボットに干渉する可能性のある機構のことを書いたと思われますが、すごく曖昧。そもそも burdon は burden の typo だと思われます。

Robots are not allowed to use any kind of communication during gameplay. Communication between the two
robots via bluetooth class 2 or class 3 (range approximatelly 20 meters) is allowed. Teams are responsible for
their communication. The availability of frequencies cannot be guaranteed.

bluetooth での通信を認めています。

2.6 Handle All robots must have a stable handle to hold and to lift them. The handle must be easily accessible, for example on top of the robot. The dimensions of the handle may exceed the 22 cm hight limitation. The handle must not be used to mount components of the robot.

なんじゃこりゃ。ロボットを持ち上げるための機構が必須。22cm の高さを超えても良い。審判の保身のためか ???

4.2 Fielding ball For SOCCER A, an un-pulsed ball will be used. For SOCCER B, a pulsed ball will be used.

ボールについてはサッカーA はノンパルス、サッカーB はパルス。

2010 Soccer will consist of two sub-leagues. These sub-leagues are called “Open League” and “Light Weight League”. They differ only in the weight of the robots.

1.5kg までのライトウェイトリーグと2.5kgまでのオープンリーグが開催されます。
A と B との関連については読み取れませんでした。プライマリ/セカンダリの違いも書かれていないように思います。

とりあえず速報ですので間違っている部分もあるかも知れません。今後じっくり読んでみたいと思います。他のサイトでもこれから色々と論議されるでしょうから期待しています。
posted by モッパー at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2009年12月12日

埼玉ノード大会日程決定 !

モッパーです。

やっと埼玉ノード大会の日程と審判講習会&練習競技会の日程決まりました。
詳細は埼玉ノード公式サイトにアップされていますので、見て下さい。
参加チーム数が昨年度より大幅増加右斜め上する予測により、なんとノード大会
としては前代未聞(本当かどうかも調べず勝手に書いてますが、そうなん
でしょうか ?)の 2 日間開催です。
posted by モッパー at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア

2009年11月07日

関東ブロックと埼玉ノードの情報

モッパーです。
 
ロボカップジュニア関東ブロックのサイトが移行したようです。当ブログのリンク集を更新しておきましたので、リンクやお気に入りの更新お願いします。


埼玉ノード公式サイトにも2010埼玉ノード大会(2/21)や次回の審判講習会&練習競技会(1/31)の日程等いくつか新しい情報が up されていますので、要注目です。
 
関東エリアもようやく、2010 年ロボカップジュニアに向けての動きが活発になってきました。

 
posted by モッパー at 21:02| Comment(4) | TrackBack(0) | ロボカップジュニア
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ